2018年ロシアW杯日本代表メンバーが発表!当落線上の選手はどうなった?

 




直前になっての監督交代などドタバタがありましたが、
ついに本番のワールドカップに出場するメンバー23人が発表されました。

毎回、サプライズ選出や落選が話題となりますが、
果たして今回はサプライズはあったのでしょうか?

気になるメンバーはこちら↓

2018年ロシアW杯日本代表メンバー

GK(ゴールキーパー)

川島永嗣(メス/フランス)
東口順昭(ガンバ大阪)
中村航輔(柏レイソル)

 

GKは予想通り無難な選出。
ハリルジャパンではそれなりに出場機会を得ていた
西川周作(浦和レッズ)選手が落選しました。

 

DF(ディフェンダー)

長友佑都(ガラタサライ/トルコ)
槙野智章(浦和レッズ)
吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)
酒井宏樹(マルセイユ/フランス)
酒井高徳(ハンブルガーSV/ドイツ)
昌子源(鹿島アントラーズ)
遠藤航(浦和レッズ)
植田直通(鹿島アントラーズ)

 

DFもおおかたの予想通りの選出。
当落線上の選手で言えば、守備的MFもこなせて
使い勝手の良い遠藤航(浦和レッズ)選手、
ムラはあるものの高いポテンシャルを秘めている
植田直通(鹿島アントラーズ)選手が選出されました。

 

MF(ミッドフィルダー)

長谷部誠(フランクフルト/ドイツ)
本田圭佑(パチューカ/メキシコ)
乾貴士(エイバル/スペイン)
香川真司(ボルシア・ドルトムント/ドイツ)
山口蛍(セレッソ大阪)
原口元気(フォルトゥナ・デュッセルドルフ/ドイツ)
宇佐美貴史(フォルトゥナ・デュッセルドルフ/ドイツ)
柴崎岳(ヘタフェ/スペイン)
大島僚太(川崎フロンターレ)

 

MFもサプライズで落選したベテラン選手もおらず無難な印象。
怪我から復帰したばかりの今野泰幸(ガンバ大阪)選手、
ハリル政権となってからブレイクをした井手口陽介(レオネサ/スペイン)
選手も調子が上がらず2人とも落選となりました。
当落線上にいた大島僚太(川崎フロンターレ)選手は
ガーナ戦でも良い動きを見せてアピールし、メンバーに食い込みました。

 

FW(フォワード)

岡崎慎司(レスター・シティ/イングランド)
大迫勇也(ブレーメン/ドイツ)
武藤嘉紀(マインツ/ドイツ)

 

FWは3人の選出となり少ない印象。
当落線上にいた武藤嘉紀(マインツ/ドイツ)選手、
岡崎慎司(レスター・シティ/イングランド)選手が選出。
ポルトガルで活躍している中島翔哉(ポルティモネンセ/ポルトガル)選手、
ハリル政権では活躍を見せていた浅野拓磨(シュツットガルト/ドイツ)選手が落選となりました。




まとめ

直前に監督が交代したこともあり、
批判のされにくい無難な選出にして
なるべくスポンサーやファンからの批判を
避けたいという思いが見えるメンバー選出なのかなと思います。

 

メンバー選出にサプライズはなくとも
ワールドカップ本番で良い意味でのサプライズな
結果が出ると良いですね。

この記事を書いている人 - WRITER -
東京でシステムエンジニアをしています。 話題になっていることや気になるガジェット、 趣味の野球、競馬、競輪について書いていきます。










- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© システムエンジニアに就職してみた , 2018 All Rights Reserved.