文系出身はどのIT企業を選択すればよいのか

 



はじめに

 

数年前就職活動真っ只中の私は、
数あるIT企業の中で一体どの会社を選べばよいのか、
正直全然わからないまま今の会社を選びました。

 

実際に会社に入ってみて自分の会社はユーザー系なんだぁとか
それぞれどんな特徴があるのかが何となく分かってきたのですが、
本来は自分のやりたいことにあった企業を選ぶべきだと思いますので
今後IT業界を考えている方向けに、それぞれの特徴について簡単にまとめてみました。



 

システム会社の分類について

 

独立系・ユーザー系・メーカー系とは

 

システム会社は大きく分けて
独立系・ユーザー系・メーカー系の3つの系統に分類されます。

 

独立系とは

 

親会社が無く独自に設立し経営している企業のことです。

IT業界の過半数を占めているのが、独立系です。

 

メリット

 

独立系というその名の通り、親会社がいないため、
ある意味縛られることなく自由に企画し、
サービスを展開していくことが出来ます。

給与に関しても、メーカ系、ユーザ系と比べると高い傾向にあります。
※2次受け、3次受けとなると例外もあります。

 

デメリット

 

親会社がいないということは、メーカ系、ユーザ系と比べ
親会社が潰れなければ潰れることはないという安心感はありません。

また、仕事も親会社から振られるわけではないので、
自ら営業し、勝ち取っていく必要があります。

メリットでも少し触れましたが、独立系といえども
2次受け、3次受けがメインの場合は、いわゆるブラック企業の可能性があり、
客先への勤務が続き、なかなか自社に帰れないなんてこともあります。

 


ユーザ系とは

 

ユーザー企業の情報システム部が子会社として独立した企業のことです。

 

メリット

親会社がしっかりしていれば、潰れる心配もありませんし、
福利厚生もちゃんとしているところが多いです。

残業はそんなに多くないホワイトな企業が多いです。

 

デメリット

残業も少ないため、残業代があまりなく
給与も大手メーカー系を除けば少ない給与となります。

親会社に逆らいづらく、やりたいことができなかったり
無理な要求をされることもしばしばあります。

 



 

メーカー系とは

 

主にコンピュータメーカーなど情報処理、ソフトウェア開発部門から
独立した企業またはメーカー傘下の会社のこと。

 

メリット

親会社からコンスタントに仕事が降りてくるため、
安定して仕事を得られるというメリットがあります。

また、プロジェクトによって勤務先が異動になる可能性も
低いため、じっくり腰を据えて仕事をすることが出来ます。

 

デメリット

親会社がメーカーのため、親会社のブランドに
縛られてしまう可能性があることが挙げられます。

また、親会社の製品の売り上げによっては、
給与やボーナスがマイナス方向に影響が及んでしまう可能性があります。
※もちろん好調であれば、プラスもあり得ます。



 

結論

 

ここまでざっくりと3つの分類について
説明しましたが、じゃあどの企業が良いのと言われると
それぞれにメリット・デメリットがあり一つに決めることは出来ません。

自分がこうしたいと思う働き方に合わせて決めるのはどうでしょうか。

 

バリバリ働いて稼ぎ、自分自身もスキルアップしたい
独立系

 

親会社に魅力があってここで働きたいという熱い思いがある
メーカー系

 

給与は安くてもいいからまったり働きたい
ユーザ系

 

私はまったり働きたいと思っていたので、
結果的にユーザ系で良かったなぁなんて思っています。



この記事を書いている人 - WRITER -
東京でシステムエンジニアをしています。 話題になっていることや気になるガジェット、 趣味の野球、競馬、競輪について書いていきます。










- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© システムエンジニアに就職してみた , 2018 All Rights Reserved.