システムエンジニアという仕事について

 



私は文系の大学を卒業し、システムエンジニアという仕事に就きました。

 

久しぶりに会った友人から「どんな仕事してるの?」と聞かれたとき
いろいろ仕事について説明するのですが、プログラマーと混同されることが
多くなかなか説明することが難しいです。

 

そこでシステムエンジニアという仕事について少しまとめてみました。

 

システムエンジニアとは

 

wikipediaから引用すると、こんな感じ。

 

システムエンジニア(SE、エスイー)は、
「情報システムの構築に携わるITエンジニア」といったような意味の和製英語である。

本来、英語における「システム」とは「相互に影響を及ぼしあう要素から
構成される系、体系、機構」といったような意味で、様々な分野で使われる語だが、
この和製英語でいう「システムエンジニア」が対象とする「システム」は
もっぱら情報システムのみである。また、本来、語として対応してしかるべき
「システム工学(systems engineering)」の内容とも基本的に関係ない。

 

情報システム関係を指す言葉なんだなというだけで、実際の仕事内容が分かりません。



 

仕事の工程について

 

実際の仕事の工程に合わせて説明すると、
顧客からシステムの受注を受けるとおおむね以下の流れで進んでいきます。

 

①要求分析・要件定義
顧客からどんなシステムを作りたいかヒアリングをします。
ただ聞くだけでは無く、予算や納期に合わせて顧客の要求を
どうやって実現するのかをここで決定します。

 

②基本設計
顧客の要求に対して、それを実現できるようなシステムの設計を行います。
具体的にはシステムにどんな機能を持たせるか、インターフェースはどうするかなど実際の仕様を決定します。

 

③詳細設計
基本設計の項目で決めた機能に対して、具体的にどうやって実現するのかを決定します。
また、プログラマーが実際にシステムを作る際に必要な細かい設計もここで行います。

 

④テスト
プログラマーによってプログラミングが完了後、
システムがきちんと設計通りに動くかどうかテストケースに沿って確認します。

 

顧客常駐はもう嫌だ!社内SEへ転職するなら【社内SE転職ナビ】

 

システムエンジニアはプログラマーではない

 

プログラマーの仕事 = システムエンジニアの仕事と勘違いされがちですが、
実際にはこのような仕事をシステムエンジニアが行っています。

 



 

システムエンジニアに文系出身でもなれる理由

 

入社してからでも勉強することは可能

 

もちろん、システムエンジニアにプログラミングの知識が全く必要ないとは思いません。

 

実際、私も入社時に全く経験のないJavaでのシステムを題材に
新人研修で実際に顧客から発注を受けたという設定で行われたシミュレーションでは
Javaのイメージが沸かず相当苦しめられました…

 

但し、実際にプログラミングをするわけではないので、
広く浅くの知識であれば、入社してからでも十分身に付けることが可能です。

 

↓おすすめの資格などは下記記事にて
入社してすぐに取っておくべき情報処理の資格

 

 

文系出身を弱みではなくむしろ強みとして考える

 

それより重要なのが、顧客のニーズをうまく聞き出す能力や
問題が起こったときに解決策などを分かりやすく説明する能力が重要だと思います。

 

この能力は文系で学んできたからこそ、武器になると思います。

 

 

↓関連記事はこちら

 



この記事を書いている人 - WRITER -
東京でシステムエンジニアをしています。 話題になっていることや気になるガジェット、 趣味の野球、競馬、競輪について書いていきます。










- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© システムエンジニアに就職してみた , 2018 All Rights Reserved.